お楽しみ情報fun information

  1. PICA富士吉田トップ
  2. プレーパーク

こどもの力で遊び、こどもの力で体験する場所 ピカプレーパーク

吉田 PLAY PARK

〜目指せ、一人前のキッズキャンパー!〜

キャンプ場に行ったら、何して遊ぼう。
楽しいこと・・・
面白いこと・・・
自分の力とアイディア次第で、なんだってできる場所!
キャンプ場とは、まだ見ぬ発見がたくさん詰まった自由な遊びの場なのです!!

「PICAプレーパーク」は、キャンプを通して
子供たちが本来持っている発想力や行動力を最大限に引き出し
成長していく姿を応援します。

子どもたちにとってキャンプが、”ワクワク”のとまらない
そんな体験になってほしい。

テントを張る、たき火をする、ご飯を炊く、星を見る・・・
日常で得られない経験は、子どもたちの可能性を広げます。

自分の”初めて”を、自分の手で、自然を相手にチャレンジする。
自然を相手に思いっきり楽しめたなら・・・
もう一人前のキッズキャンパーです。

PICAプレーパーク今年のテーマ「KIDS CAMPERACADEMIA」とは

子どもたちは遊びの天才。
あふれんばかりの好奇心で、思うがままに自由に遊ぶ。

一日中自然の中に身を置くキャンプは
なんてったって自由な場所。
失敗したっていいじゃない!
必要なのは「やってみたい!」の気持ちだけ!

PICAプレーパーク「KIDS CAMPER ACADEMIA」は
子供たちが「やってみたい!」を最大限に発揮し
ワクワクとドキドキを育む
「キャンプの学園」なのです。

案内とルール

料金・
スタンプカード

プログラムは有料、無料の場合がございます。
有料プログラム・初回参加時にスタンプカードを発行いたします(無料プログラムはスタンプの捺印なし)。

  • ※スタンプカードは「PICAプレーパーク」共通です。
  • ※スタンプカードの特典などはPICA PLAY PARKのWEBページでご確認ください。
プレーパーク
ボランティア

親御さんや大人の方のご協力をお願いします。(参加無料)
イベントによっては、普段ならちょっぴり危なくて、体験することができない内容のプログラムを実施いたします。
その際には親御さんが一緒に参加し、お子さんのサポートをお願いします。

大切なルール

①PLAY・KIDSは 自分の安全、周りの人の安全を気にしなければならない。
②PLAY・KIDSは 植物、動物、虫など自然を大切にしなけれればならい。
③PLAY・KIDSは 自分に起きた事は自分の責任として認めなければならない。

承諾書

ご利用時毎に親子でルールを確認し、承諾書にサインをしていただきます。

PICAプレーパークキャンプ・チャレンジアイテム

PICAプレーパークにはキャンプがもっともっと楽しくなるアイテムがたくさん!
プレーパーク・プログラムに参加しスタンプを1個持っていれば1泊無料レンタルできる「キャンプ・チャレンジアイテム」
プレーパーク・プログラムに参加していなくても自由に遊べる「フリーアイテム」もあります!

  • ※ご予約は承れません(先着順、在庫なくなり次第終了)
  • ※1組1アイテムを1泊レンタルします(1組で複数、1泊以上は不可)
  • ※ご使用後は元の状態にきれいに畳んでお戻しください。
  • 【CHUMS ビートルテント】

    さわやかなライトグレーにネイビープリントでブービーロゴ。
    今日は、自分だけの秘密基地で何して遊ぶ?

    定員:2~3人 設営サイズ:使用時/約365×215×145(h)cm

  • 【CHUMS ブービーヘキサタープ】

    CHUMSからシンプルで美しいシルエットのトリコロールカラーのヘキサタープ。
    家族で力を合わせて、設営に挑戦しよう!

    設営サイズ:約 420 × 475 cm

  • 【 CHUMS ホットサンドウィッチクッカー】

    表面にはブービー、裏面にはチャムスロゴの焼き目が付けられ
    みんなが笑顔になれる可愛いホットサンドが作れちゃいます。

    ※パンなど食材は付属しません(器具レンタル)。

PICAプレーパークキャンプ・フリーアイテム

※どなたでも自由にご利用いただけます。

<フリーアイテム>
  • ★むしめがね

    葉っぱのうら、土のした、
    いろんなところをのぞいてみよう。
    いつも見えてる景色が大きく見えたら、
    新しい発見があるかも。

  • ★そうがんきょう

    遠くの山には動物いるかな?
    夜のお星さま、いくつ光ってるかな?
    そうがんきょう持って、冒険に出発しよう。

  • ★バードコール

    キャンプ場の自然には、たくさんの野鳥が集まる。
    バードコールで呼んでみたら
    普段は会えない鳥が遊びにくるかも。

  • ★スケッチセット(スケッチボード、クレヨン、画用紙)

    森の中で見えるもの、聞こえるもの、
    おっきな紙に描いてみよう。
    土や落ち葉を使ってももちろんいいよ。

  • ★なんでもトートバッグ

    森に落ちてるどんぐり、松ぼっくり
    見つけた自分のたからものを
    詰め込もう。

  • ※先着順での貸し出しです。数に限りがあります。
ページトップへ戻る