コンセプトCONCEPT

  1. PICA富士ぐりんぱトップ
  2. コンセプト
  3. コテージエリアAのコンセプト

コテージエリアA 
5つのコテージ設計のコンセプト

コテージで過ごす・コテージに泊まる

キャンプ場におけるコテージは、
様々なアクティブティの散らばるフィールドで過ごした後、
戻ってきて体を休める場所です。

テントに比べて居住性が高く、
ある程度の安心感や快適さが求められてると考えます。
既存の既製のコテージ場合、「寝室」としての用途がメインとなり、
その部分での機能を確保することを目的に設計されているものが
多いようです。

しかし、キャンプ場にお越しになる方々は、
自然の中の日常とは異なる空間に身を置くわけですから、
「眠る」ということのみに特化しない、
特別な経験を得るものとして
「コテージ」をとらえられることが考えられます。

「静」と「動」

フィールドにおける能動的な自然との関わりを「動」とした時、
コテージにおける自然との関わりを「静」と考えます。
自ら進んで得るものではなく、
コテージを介して感じる もうひとつの自然。
体を休め、ほっと一息ついた時に「聞こえる」「見える」
自然のすがたがあるのではないでしょうか。

新たな自然環境との関わり

自然を感じる建築

コテージは、壁や窓といった建築的な要素から成り立ちます。
「壁=囲うもの」「窓=外を見るもの・換気をするも の」と考えず、「自然を感じる装置」としてとらえ、
今までにないシンプルで豊かな経験のできるコテージを
提供したいと考えます。

コテージ 空(そら) 無限に続くひろがり、地球半分の空を感じる。
コテージ 風(かぜ) 木々の隙間をぬう風。混じり気のない空気を吸う。
コテージ 緑(みどり) 季節によって変わりゆく彩り、四周にひろがる景色は鮮やかに変化する。
コテージ 光(ひかり) 絶えまなく降り注ぐエネルギー。太陽の力を思う存分浴びる。
コテージ 土(だいち) 忘れられた大地のにおい。舗装されないそのままの地面を感じる。
ページトップへ戻る