スタッフブログSTAFF BLOG

  1. PICA富士西湖
  2. スタッフブログ
  3. 疲れ甲斐があるというものだ

疲れ甲斐があるというものだ

キャンプで焼くパンといえば、ちぎりパン カンパーニュ・・・

レシピもたくさん見かけますね。

今日私は、あまりダッチでは聞いたことがない『食パン』を焼いてみました。

手捏ねって、大変ですね。腕力と根気が必要!

あと、生地を叩きつけても壊れない丈夫なアウトドアテーブルも必要 笑

醗酵も、2次醗酵、ベンチタイムからさらに最終醗酵まで・・・ここは省けない。

そしていよいよ12インチのダッチにIN。焼きたてのパンになるまでしばしのお別れ。

 

余熱なしで焼成スタート。心配になって、時々蓋を開けてしまいました。 笑

炭の量はもうちょっと多くても大丈夫です。約30分くらいでいいにおいがしてきます。

そして、再会のとき。

熱いうちに型を作業台に叩き付けて型はがれをよくして、型から抜きます。

そしたら・・・こんがり小麦色のイケメンになって無事再会。感動だ!

耳はカリッと、中はふんわりでめちゃめちゃ美味しい!

ほんとはお勧めしたい。でも、おすすめしづらい。なぜなら、

生地作りから焼成まで4時間もかかったから。

アウトドアクッキングに時間を惜しまないスタイルのキャンパーさんならいけるかもしれません 笑

個人的には、ホームベーカリーよりも美味しく出来たので本当に感動しました。

そんなにキャンプ中に時間をかけられないよ、と言う方には、こんな方法があります。

ある程度醗酵させてから冷凍しておくということも出来るようです。

(インターネットに載っていて、興味深かったです。)

 

とても面白かったです。

また作りたい。4時間かかるけど。

 

かなもり

ページトップへ戻る