スタッフブログSTAFF BLOG

  1. PICA山中湖ヴィレッジ
  2. スタッフブログ
  3. 2017年1月

”食”のアトリエ ワークショップ  Vol.35  手前味噌作り④

ATELIER

 こんにちは。

 いよいよ手前味噌作りの締め切りが迫ってきたので、

 再告知です。

 

image4

 

 ”寒仕込み”で行なう味噌作りは、

 甲府の五味醤油 六代目の五味 仁さんを招いて

 富士吉田の堀内 治さんの育てた大豆を使う、

 まさに”地域の味噌(甲州味噌)”です。

 

 

 もっとも最適な時期に、

 ”山梨の味噌”を仕込めます。

 

 ご希望の方はオプションで追加できる、

 FUJIYAMA KITCHENの味噌づくしランチコースもありますよ。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

●オードブル : 味噌漬けカマンベールチーズのサラダ仕立て
●パスタ : 冬野菜ともろみ味噌のスパゲティ
●メイン : 富士桜ポークロースの味噌漬け焼き 根菜のブレゼ(蒸し煮)添え
●デザート : シュー味噌クリーム バニラアイス添え
●コーヒーまたは紅茶
お一人さま ¥2,000(完全予約制)

 

 

 予約の締め切りは2月6日(月)21:00まで。

 また定員に達すれば受付終了となりますので、

 ご検討されている方はお早目にお申込みくださいね。

 もちろんご宿泊の方だけでなく、

 一般の方もご参加いただけます。

 

 ではでは。

   スタッフ : Nào

 

味噌作り③

味噌作り②

味噌作り①

a%c2%91%c2%b3a%c2%99%c2%8ca%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7

”食”のアトリエ ワークショップ  Vol.34  コーヒー焙煎

ATELIER

 

こんにちは。

昨日からメンテナンス休業に入りました。

週末の28日・29日は宿泊、レストラン共に営業しますが、

2月3日まで平日はクローズとなります。

 

 

1月21日から始まったコーヒー焙煎のワークショップ、

早速参加された方がいらっしゃいましたので

今日はそのご報告を。

R0012466

まずはハンドピックから。
生豆の中に青カビのあるものや割れた豆(貝殻豆)、虫喰いのある豆、
形のおかしな豆、そのようなもの(欠点豆)を取り除きます。

 

 

R0012467

 

R0012468

欠点豆を取り除いたら、ざるにうつしてざっと水洗いします。
給水できる場所が建物内にないため、
このときだけ隣にあるキーホールガーデンの水場を使います。

 

 

R0012469

洗った豆をロースターに入れます。

 

 

 

R0012470

いよいよ焙煎スタート!
コンロの隣にあるオレンジ色のものはタイマーで、
焙煎時間は20~25分ぐらいが適当なので、
時間の目安にセットします。

 

 

R0012472

途中で一度フタを開けてみたら、このぐらい茶色くなりました。
これは最初のハゼが起こる手前ぐらいです。

 

 

R0012473

さらに焙煎を続けていくとパチパチし始めます。
これが”1ハゼ”。
1ハゼを過ぎて今度はピチピチとハゼてくる”2ハゼ”に行く間には、
写真のように煙がかなり出てきます。

 

 

R0012474

2ハゼが終わってフレンチローストの出来上がり!
豆が光って見えるのは、焙煎で豆の油分が出てきたから。
このコーヒー豆の油が美味しさの秘訣。

 

 

R0012476

煎った豆をもう一度簡単にハンドピックして、
その後ミルで挽きます。

 

 

R0012478

その後フレンチプレスに豆とお湯を入れて、
4分経ったらプランジャーを下げて試飲。

 

 

R0012480

お味はどうでしょう?
ペーパーを使わないフレンチプレスは、
先の豆の油分がペーパーで取り除かれないため、
ブラジル等豆の品種、焙煎度、酸味や苦み等、
コーヒー豆の持つ特徴がダイレクトに伝わります。
某コーヒーチェーン店でもテイスティングに使用しているのだとか。

 

 

難しいのは火力と焙煎時間。

焙煎が早すぎると個々の豆で、

また豆の内部と外で煎りムラが生じます。

遅くじっくりやれば煎りムラがなくなりますが、

20分程度で終わる焙煎が1時間かかったりもします。

 

 

写真では紹介していませんが、

煎り始めて5分ぐらいで薄皮(チャフ)がたくさん出てきたり、

煙がたくさん出たり、

部屋中が煎った豆の匂いになるため(よい香りですが)、

なかなかご自宅では行ないにくいかもしれませんね。

 

 

1月は残り28日(土)と29日(日)だけですが、

2月の開催日もアップしたので、

ホームページをご確認くださいね。

 

 

ではでは。

 

   スタッフ : Nào

 

コーヒー2月

”食”のアトリエ ワークショップ  Vol.33  新作登場!

ATELIER

こんにちは。

先週末はググッと冷え込んで、

この冬一番の寒さになりました。

16日の朝6:30に出勤して事務所の温度計を見たら、、、

R0012436

下が屋外の気温表示でマイナス17℃

ここまで下がったのはここ数年で初めてだったと思います。

普段も最低気温がマイナス10℃ぐらいです、

暖かい服装やスタッドレスタイヤ等、冬の装備でお越しください。

 

 

今日は”食”のアトリエ ワークショップから、

新作のコーヒー焙煎のご紹介。

 

 

コーヒー焙煎
(定員4名 ¥2,500)
1月21日・22日・28日・29日
10:30 start

R0012368

 

 

R0012343

まずは生豆から不要なものを取り除くハンドピック。
カビのある豆や形のいびつな豆、割れているもの(貝殻豆)、虫喰いのあるもの、
そういった”欠点豆”を取り除く作業から。

 

R0012347

ハンドピックが終わったら、水洗いします。

 

R0012348

洗った後は、ロースターに入れて、、、

 

R0012350

焙煎スタート!

 

R0012359

だんだん色が変わってきて、、、

 

R0012362

1ハゼ、2ハゼの後、
フレンチローストで終了!

 

R0012363

もう一度簡単にハンドピックします。

 

R0012400

ミルで挽いて、

 

R0012403

フレンチプレスで淹れて試飲。

 

R0012409

生豆150gを煎り、試飲分以外はお持ち帰りできます。
また連泊の方やワークショップ後に宿泊される方は、
フレンチプレスやペーパーフィルター&ドリッパーをお貸ししますので、
ご滞在中も続けてコーヒーをお楽しみいただけます。

 

 

開催日は1月は4回だけですが、

2月以降も継続予定なのでお楽しみに。

 

ハンモックカフェが冬季クローズに入りましたが、

違った視点からコーヒーを冬の間も楽しめるように。

 

ではでは。

 

   スタッフ : Nào

 

1月

”食”のアトリエ ワークショップ  Vol.32  手前味噌作り③

ATELIER

こんにちは。

1月8日に降った雪は40cm以上積もり、

いよいよ冬本番!を迎えました。

 

毎年1月の3連休に雪が降っているように思います、

もちろん真冬も営業しているのですが、

正月が終わりこの連休のお客様を雪の中安全にお見送りして、

3月の春休みからの1年が大体終わったのかと、

少し肩の力が抜けてしまいます。

 

 

前回・前々回のブログに続き、

”食”のアトリエ ワークショップ手前味噌作りから、

味噌の話しをもう少し。

(過去のブログはコチラ  味噌作り①味噌作り② )

 

image2-4

 

まずは冬場に行なう”寒仕込み”。

仕込みはどの季節でもできますが、

春から秋にかけての気温の高い時期に行なうと、

発酵が急激に進んでしまいます。

味噌の発酵はゆっくり時間をかけて行なわれる方が

味に深みが出ておいしくなります。

 

また秋に収穫したばかりの新鮮な大豆や米(麹)、

その採れたてのものを原料に使うことで味噌はさらにおいしくなります。

だから寒いこの時期が一番”旬”なのです。

 

image4

 

次に”地域の味噌”。

赤味噌や白味噌といった色の違いだけでなく、

米麹、麦麹、豆麹といった麹の種類、

甘口から辛口までいろんな味噌があります。

ワークショップはただの味噌作りではなく、

”山梨の味噌”作りです。

 

味噌を作り始めた遥か昔、

米の栽培に適していない山梨は、

米麹だけでは味噌が作れず冬の間の田畑の裏作として、

主食になる麦を作り

またその麦から作る麦麹と米麹を合わせてできあがったのが

他で例を見ない、山梨の味噌である”甲州味噌”。

 

山梨のローカルフード、

ほうとうの麺はその麦、

スープの味噌はその甲州味噌からできあがった食べ物です。

 

その”山梨の味噌”を作るワークショップ、

講師には山梨県甲府市にある五味醤油の六代目、五味 仁さんをお招きし、

原料の大豆は富士吉田市の農家、堀内 治さんの育てたものを使用、

全てが”山梨”づくしです。

 

u

 

もうひとつの”づくし”は

当ワークショップの参加者・同伴者の方が

オプションで追加できるFUJIYAMA KITCHENの味噌づくしランチコース!

昨年から始めたこのランチ、

ご好評で多くの方にお召し上がりいただけましたので

今年はさらにバージョンアップしました。

(味噌はもちろん”甲州味噌”、昨年のワークショップで仕込んだものです)

 

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

●オードブル : 味噌漬けカマンベールチーズのサラダ仕立て
●パスタ : 冬野菜ともろみ味噌のスパゲティ
●メイン : 富士桜ポークロースの味噌漬け焼き 根菜のブレゼ(蒸し煮)添え
●デザート : シュー味噌クリーム バニラアイス添え
●コーヒーまたは紅茶
お一人さま ¥2,000(完全予約制)

 

の調味料を使ったのランチコースは完全予約制、

数量が確定したら当日までにシェフが

寒い厨房でグッとこらえて”寒仕込み”します。

 

2月12日(日)開催でいよいよ1ヶ月を切りました、

ワークショップも味噌ランチコースも

参加希望者は0555-62-4155までご連絡くださいね。

 

ではでは。

   スタッフ : Nào

 

味噌作り②

味噌作り①

a%c2%91%c2%b3a%c2%99%c2%8ca%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7

ハンモックカフェは冬休みに入りました!次のオープンは3月中旬です!

こんにちは!今日の山中湖は一日中氷点下です!

この前降った雪はまだまだ残っていて日中は天気も良くいい景色が広がっています!

朝から昼間まで富士山もばっちり見えてます。

連日最高のロケーションなのですが……なのですが….とにかく寒い!

寒すぎてハンモックカフェはしばらくの冬休みに入ってしまいました!

KIMG0385

次のオープンは三月中旬を予定しています!

詳しい日程が決まり次第こちらのブログにてご報告致します!

それまでの間はお片付なハンモックですが、また春休みに皆様をお待ちしております!それではそれでは。                         stuff Pac

1/18(水)のFUJIYAMA KITCHENの営業時間についてご案内致します。

こんにちは!

1/18(水)のFUJIYAMA KITCHENの営業時間についてご案内致します。

この日は団体様のご予約の為、

11:00~15:00を貸切営業とさせていただきます。

15:00~は通常営業致しますので、

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

1/18(水)

Lunch :11:00~15:00 貸切営業

15:00~ 通常営業

Dinner : 17:00~21:00 (L.O 20:00)-Close- 

image1

T.HIGU

”食”のアトリエ ワークショップ  Vol.31  手前味噌作り②

ATELIER

こんにちは。

 

前回に続いて今日は”食”のアトリエ ワークショップから、

2月12日(日)開催の手前味噌作りの、

当日の様子をご紹介(前回のブログはコチラ)。

 

r0010709

潰した大豆を冷ましている間は、

五味さんの味噌講座。

プロジェクターを使って、

味噌作りのことだけでなく

”山梨の味噌”の特徴やほうとうのお話しも。

 

そんな話しを聞いている間に、

大豆が60℃以下に下がってくるので

麹や塩と混ぜ合わせていきます。

60℃以上あると麹の菌が死んでしまい、

発酵が進まなくなってしまいます。

image3

麹はくっついているものは手でほぐしながら、

大豆と合わせていきます。

 

 

image4

麹と塩を大豆に合わせて、

し~っかりよ~く混ぜ合わせます。

 

 

3

混ぜたら今度はお団子を作っていきます。

ゴルフボールより大きめ、野球ボールより小さいぐらい。

 

 

全部お団子にしたら、

お持ち帰りの容器や味噌樽に、

ペチャっとつぶれるように投げ入れていきます。

潰しながら入れていくことで、

空気が抜けてカビが発生しにくくなります。

 

 

最後はやはりカビ防止に

上に塩をまぶして出来上がり。

 

 

この手前味噌、

早くてもひと夏越した半年後から

食べられるようになります。

一度は25℃以上の環境にさらさないと、

味噌の発酵が進まないためです。

 

次回はもう少し、

味噌の話しをしていきたいと思います!

2月12日(日)開催、

参加希望者は0555-62-4155までご連絡くださいね。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

参加者にはFUJIYAMA KITCHEN の味噌ランチコースがオプションで選択できます!

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

●オードブル : 味噌漬けカマンベールチーズのサラダ仕立て
●パスタ : 冬野菜ともろみ味噌のスパゲティ
●メイン : 富士桜ポークロースの味噌漬け焼き 根菜のブレゼ(蒸し煮)添え
●デザート : シュー味噌クリーム バニラアイス添え
●コーヒーまたは紅茶
お一人さま ¥2,000(完全予約制)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ではでは。

   スタッフ : Nào

 

手前味噌作り①

 

a%c2%91%c2%b3a%c2%99%c2%8ca%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7

ハンモックカフェ、今後の営業予定。

明けましておめでとうございます!

新年を迎えそろそろ雪も降ってきそうな季節ですね!
そこで、ハンモックカフェ2017年の営業予定なのですが、
まず今月は8日・9日の週末のみの営業になります!

ただ、今のところ天気予報では生憎の雪マーク….
もし雪が降ってしまった場合はこのまま3月の中旬まで
ハンモックカフェは冬休みに入ります!

天気によってはオープンする事があるかもしれないので
もしご来店を検討されるお客様は
お電話にてご確認して頂ければと思います(0555-62-4155)。

それでは週末、晴れる事を祈ってお待ちしてます!kimg0378

stuff tommy

”食”のアトリエ ワークショップ  Vol.30  手前味噌作り①

 

ATELIER

こんにちは。

お正月も過ぎましたが、

普段よりは暖かい日が続いている山中湖。

それでも週末の連休に雪マークがついていて、

そろそろ降るのかなァと思っています。

 

今日は”食”のアトリエ ワークショップから、

2月12日(日)に開催する毎年恒例、大人気の手前味噌作りのご紹介。

 

甲府にある五味醤油の六代目、

五味 仁さんを講師に招くこのワークショップ、

まずはワークショップの流れから。

PICAスタッフによる”事前の仕込み”から話し始めます。

 

image3-4

 

image1-8

富士吉田の農家さん、

堀内 治さんの育てた大豆を前日に洗い、水に漬けます。

茹でる前の大豆って実は緑色なんですよ!

 

 

image2-4

当日は早起きして、

朝5:00(!)頃から火にかけます。

ものすごい量で出るアクを取りながら、

弱火で煮ること5時間、

ふっくらとなり指で軽くつぶれるようになったら完了!

 

 

こ~んな感じで煮上がった大豆を、、、

 

 

image1

image2

専用のミンサーで挽きます(量が量だけに、専用といってもさすが大きいですね!)。

ミンサーというと挽き肉用、同じような形で大豆も挽かれ、まるでモンブランのよう。

当日の参加者数によっては、

大豆を潰すところからワークショップを始めます。

 

次回は当日の流れをご案内。

人気のワークショップなので予約でいっぱいになる年もあるので

お早目にご予約ください(0555-62-4155)。

日帰りでももちろんご参加いただけますし、

まだ土日共に宿泊の空きもございます。

 

昨年から始めた、参加者の方にはオプションで食べられる

FUJIYAMA KITCHEN の味噌ランチコースが今年もあります!

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81

●オードブル : 味噌漬けカマンベールチーズのサラダ仕立て
●パスタ : 冬野菜ともろみ味噌のスパゲティ
●メイン : 富士桜ポークロースの味噌漬け焼き 根菜のブレゼ(蒸し煮)添え
●デザート : シュー味噌クリーム バニラアイス添え
●コーヒーまたは紅茶
お一人さま ¥2,000(完全予約制)

 

ではでは。

 

  スタッフ : Nào

 

a%c2%91%c2%b3a%c2%99%c2%8ca%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7

 

”食”のアトリエ ワークショップ  Vol.29  無添加ソーセージ作りを...

ATELIER

 

明けましておめでとうございます。

今年もPICA山中湖ヴィレッジを、

どうぞよろしくお願い致します。

 

おかげさまで年末の”食”のアトリエ ワークショップ”無添加ソーセージ作り”

多くの方にご参加いただき楽しんでもらえてなによりでした。

 

それでも事前に仕込んだ羊腸がもう少しだけあるので、、、

なくなるまでもうちょっとやります!

 

キッチンガーデンのハーブは冬に入りほとんど枯れてしまっているため、

引き続きドライハーブを使って行ないます。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

開催日 : 1月7日(土)・8日(日)・9日(月)・14日(土)・15日(日)

時 間 : 午前の部 10:30~

      午後の部 15:00~

        ※9日は午前の部だけになります

料 金 : ¥2,500 → ¥2,000(25cmのソーセージ2本分とホットドッグ用パン1つ)

場 所 : カンファレンスルーム(チェックインと同じフロントにお越しください)

申込み : 3日前までに、PICA山中湖ヴィレッジへお電話にてご予約ください。

      (PICA山中湖ヴィレッジ フロント:0555-62-4155)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

r0012385

右奥の女性は以前もソーセージ作りに参加された方。
何度やっても楽しく美味しいのが人気の秘密。
久しぶりに会う友達とおしゃべりを楽しみながら。

 

r0012388

 

r0012390

こちらは普段は東京にお住まいで、
年末に山中湖に帰省されていた地元の方。
地元の方に参加していただけるのも、とてもとても嬉しいです。

 

r0012391

 

r0012393

最後は毎年年越しにPICA山中湖ヴィレッジにご宿泊いただいているご家族。
普段お母さんの料理やお菓子作りをいっしょにされているお子様は、
調味料やハーブの分量から、
羊腸をセットしたり挽き肉をこねたり腸詰めするまで、
とても慣れていて感心させられました。

 

羊腸の在庫数に達したら受付終了とさせていただきますので、

お早目にご予約ください。

暖かい室内で行ないますので、

天気に関係なく安心してご参加いただけますよ。

 

ではでは。

   スタッフ : Nào

 

a%c2%b9a%c2%a7%c2%8ba%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7

ページトップへ戻る