スタッフブログSTAFF BLOG

  1. PICA富士西湖
  2. スタッフブログ

ウラヤマがユキヤマになったので、行くっきゃないっしょ

3月になってから、妙に雪が降るようになりました

そんなに積もらないし、道路の雪は日中には溶けてしまいますが、

昨日の朝もそんな感じで朝起きると一面真っ白

 

仕事が休みだったので、遠出しようかなって思ってたんですが

西湖のウラヤマが思った以上に真っ白だったので、

なんか無性に気になっちゃいました

一度思いつくと、即行動

西湖の対岸にある毛無山~十二ヶ岳~鬼ヶ岳と西湖のウラヤマにlet’s go!

IMGP1019

IMGP1169

普段はあんまり積もらない御坂の山も、雪が降ると一変

いつもと違った表情が新鮮でニヤニヤしちゃいます

IMGP1045

岩場は雪が積もって凍って、なかなかスリリング

軽アイゼン持って行ってて正解でした

IMGP1089

久しぶりの十二ヶ岳の山頂

いつも通り富士山がキレイに望めます

近くにありすぎてその良さを忘れがちでしたが、やっぱり西湖の裏山はイイですね

眺望も登りごたえも100点満点

春が来たら、花々が咲いて綺麗なので、是非一度行ってみてはいかがですか

 

 

tomo

 

 

西湖で遊んだ3連休 「Green Fest西湖の日SP」

3連休終わっちゃいましたね

楽しい時間はあっと言う間

みんなが帰った後のキャンプ場は妙に静かで、少し寂しいです

 

楽しかった思い出をブログに綴ろうと思って、写真のデータを整理をしていた時

「!!!」

なんとSDのデータがまさかのクラッシュ

撮った写真が全部ぶっ飛んじゃいました

まさかの事態に一瞬頭が真っ白に。。。

復元できるか色々色々やって、ようやく一部の写真を取り出すことができたけど、

失ったデータも多かった。。。

はい、現在猛烈に反省しております。

 

さてさて、話を戻します

三連休にPICA富士西湖で開催していたGreen Fest「西湖(315)の日SP」イベント

多くのキャンパーさんに参加してもらって、とっても楽しい時間を過ごすことができました

本当にどうもありがとうございました

みんな楽しそうにワイワイやってる様子を見ていると、こっちも自然と元気になります

キャンプ場ってステキなところですよね

 

では、イベントの様子を少しだけどうぞ

まずはGreenFest本来の活動である「西湖・レイククリーン」

場内に落ちているゴミを拾いながら、自然と触れ合うgreenな時間

File064

連休初日の土曜日の朝は、前夜から降った雪が薄っすら残っていて雪景色の西湖

いつ見ても西湖は雪が似合います

File085

 

そんな西湖といえばやっぱりカヌー

サングラスがクールなかっこいい親子もカヌーにTRY

いい笑顔ですね

File700

ガイドがいるから安心

船に体を預けたら、パドルを動かしてlet’s go canoeing!

気の向くままに、湖面を漕ぎ進みます

File695

File698

File706

澄んだ湖に青い空がとっても気持ちいい

西湖の自然を一番近くで感じることができるのではないでしょうか

とっても楽しそうでしたので、見ていて乗りたくなっちゃいました

僕も近いうちにカヌーで遊ぼっと

 

自然の中で、greenと触れ合うワークショップも開催

これはオリーブオイルで作るオイルランプ作り

とっても簡単だけど、自分で作るから楽しい!

File732

File729

File744

ステキな時間をありがとう!

 

夜は山梨の一升瓶ワインをメインにした「野宴」をオープン

焚火を囲みながら、県内でしか飲めない地産ワインを楽しんでいただきました

心地よいほっこりタイム

焚火にお酒って本当よく合いますよね

File810

File784

File798

 

ご参加いただいた多くのキャンパーさん

本当に、どうもありがとうございました

一つ一つの出逢いに本当に感謝です

みんな、また西湖に遊びに来てくださいね!

 

tomo

 

Green Fest「西湖の日」スペシャル

3月18-20の三連休には”Green Fest「西湖の日」スペシャル”を開催!

HPもアップされたので、詳細はこちらでチェックしてくださいね

2015Green Fest

Green Fest恒例となった「西湖・レイククリーン」では場内・西湖畔を中心にゴミ拾いを行います!

(※参加者の皆さんには、”西湖クリーン活動参加認定書”を発行致します)

このステキな大自然を来世に残すために、今自分達のできることをやろう!

think green, and make our future brighter

 

その他、ワークショップ、カヌー、釣り大会など、色々楽しめるアクティビティをご用意しております

夜には山梨の地元一升瓶ワインをメインにした野外BAR”野宴”もオープン

朝から夜まで、思いっきり西湖を楽しんでもらえる内容となっております!

 

 

色々あるコンテンツの中でも、今回の一押しは

e心workshop「Cottonマッチ(着火材)workshop」!

e心ワークショップ

蝋とコットンで作る、葉っぱの形の着火材作り

とっても簡単に作れちゃうのに、着火材としての効果もなかなやるんです

カラフルでとってもプリティですよね

無題

無題2

自分で作るから楽しい、enjoy green

自然との距離がちょっと近くなる、それがe心workshopです

 

まだまだ朝晩は寒いですが、それでも徐々に春の訪れを肌で感じる今日この頃

是非、大切な家族や仲間とステキな三連休をお過ごしください

tomo

 

 

 

久々、寒の戻り

今朝は放射冷却が効いて久々の真冬並みの気温

キャンプ場近くの温度計も朝イチは―8℃でした

 

その分、朝から空気が澄んでて気持ちいい

こんな日の西湖はいつもキレイに見えるんですよね

しかも無風なんで、対岸の山々が湖面にキレイに写ります

IMG_5114

IMG_5103

西湖に来たら絶対見てもらいたい風景

もし西湖百景があるならば、上位にランクインすること間違いなし

 

と、ふと足元を見ると、湖の際に少しだけ氷が張っていました

IMG_5121

IMG_5108

西湖は水深が約70mと深いんで、湖全体が凍ることはまずないんですが、、、

今朝はそれだけ寒かったってことなんでしょう

 

それでも春の訪れはもうすぐそこまで来てるはず

もうじきフキノトウやタラの芽などの山菜も顔を出しそうだし、

そうなったらサクッと揚げて、日本酒をクイッと・・・

う~ん、たまりませんな

 

tomo

 

 

ウラヤマ日記@八ケ岳

気づけばもう3月なんですね

大好きな冬ももうすぐ終わってしまいます

暖かくなるのは嬉しいけど、もうちょい冬遊びしていたい!

あと10回は冬キャンして、20回は雪山に登りたい・・・

意気込みと気合だけはいつだって十分笑

 

ってことで先週の平日、静かな八ケ岳を歩いてきました

4時に起床して、一日たっぷり雪山ハイクを満喫

雪山の魅力は色々ありますが、

その一つは、振り返った時の自分の足跡

マニアックな意見かもしれませんが、僕は好きです

IMG_5542

トレースなしの道を、ラッセルしながら登る

ふと振り返ると、そこには自分の歩いてきた足跡が一筋の線のように・・・

なんちゃって。

 

人の人生も同じようなもの

立ち止まって、振り返って初めて自分が歩んできた道のりを再確認出来ます

それまでは、ただ真っ直ぐ前を向いていく

なんちゃって。

 

tomo

 

本日は雪景色

 

昨晩から雪が降った富士西湖。

3月に入って早速の雪景色。暖かくなってきたとはいえ、春はまだあと少し先のよう・・・

KIMG3571

うっすらと屋根やコテージ周辺に積もりましたが、場内の道路には積雪はありませんでした。

 

KIMG3585 KIMG3584

今日もお昼頃からぼたん雪が降り始めています。

木々から落ちる雪のボタボタという音が、なんとも心地良いです。

 

 

そんななか、横浜から日帰りでBBQにいらしたお客様。

KIMG3591

KIMG3588

うーん、かなり美味しそう。

今日はまさかの雪で予定が崩れたそうですが、首都圏では味わえない寒さを堪能しておりました。

 

 

今晩で雪は止み、明日には晴れる予報ですが

走行の際は十分にご注意いただき、PICA富士西湖へご来場の際は、天気予報、交通情報のご確認と併せて

万が一に備えスタッドレスの装着、備えチェーンをお持ち込み頂きます様お願い致します。

場内に関しても、コテージ周辺二は一部積雪がございます。

歩行には、十分ご注意ください。

 

STAFF:Momo

 

雪中CAMP in 新潟 

キャンプ場で働いていると、キャンプをするのも仕事

アウトドアを楽しんで、その想いを伝えていくのもキャンプ場の大きな役割

ってことで、PICAスタッフ何人かと新潟まで1泊2日のCAMPに行ってきました

CAMPだけど仕事、仕事だけどテン泊・・・

ステキな環境に感謝です

 

さて、今回行ってきたのが新潟県三条市にあるSnow Peak Headquartersキャンプフィールド

キャンプ用品で有名なSnow Peakさんの本社に併設されているキャンプ場です

IMG_4903

夏場は広大なキャンプフィールドが広がりますが、冬期は積雪が多いいため一部エリアのみ解放

今年は雪が少ないと言っていましたが、それでも約1m弱の積雪量でしたね

目的である雪中CAMPの魅力と心構えを学びつつ、

冬のPICAのキャンプフィールドをもっと楽しくできたら・・・

そんな想いを胸に、往復8時間のキャンプtripに行ってきました

 

 

到着後チェックインを済ませると、早速CAMP IN!!

IMG_4886

 

今回の寝床はランドロックです

大きな前室が使いやすく、悪天候でも中でのびのびCAMPを楽しむことが可能

雪中CAMPなので、ペグの代わりに薪をアンカーとして埋めたり、

熱でストーブが滑らないように工夫をしたり

IMG_4902

IMG_4912

Snow Peakのスタッフさんが色々教えてくれたりもして、

快適なCAMPをサポートしてくれました

どうもありがとうございました

IMG_4897

「遊び」を大切にしてるからこそ、生まれるステキな商品たち

全力で遊ぶからこそ、全力で仕事に向き合える

ほんとCAMPって面白いし、アウトドアって奥が深い

今日からまた全力で働こう!って思えるような1泊2日になりました

 

 

P.S.  帰りに食べた燕三条ラーメンがめちゃくちゃ旨い。これぞ感動の一杯

 

tomo

 

 

-10℃の薪割りキャンプ

だんだんと陽気も春めいて、

日中はポカポカして気持ちの良い時期になりました。

だけど、キャンプ場の夜はまだまだ冷え込みます。

 

そんな時は、薪を割ろう!焚き火をしよう!

この冬最後の大焚火。

焚火Fest Original 「-10℃の”薪割”CAMP」スペシャル 

6510711ad7303846961b8d9f2606f041

2/25日開催です!!

思う存分薪割りを楽しんで、大焚火でこの冬の締めキャンプを!!

スタッフ オオネダ

いよいよ・・・

みなさま、ご無沙汰しております。

2/22でメンテナンス休業も明け、いよいよ営業再開となります(^^)/

比較的最近は暖かく、大雪にも見舞われる事なく、無事にメンテナンスを進められました☆

 

さて、今週末からは世の中を賑わせている「プレミアムフライデー」が開始されます!!

ザックリ言うと、月末は早めに仕事を切り上げ、思う存分数末を楽しもう!!

って感じの経済産業省の働きかけです(^_^)/

PICA富士西湖も2/25(土)には早速イベントをご用意!!

「焚火Fest Original」

61f7fc189c899a816aff7e68271c3313-520x360

PICAのお得な連泊割引サービス「ハッピーフライデー」をご利用いただければ、

充実した「プレミアムフライデー」を堪能できるはず・・・

 

春一番も吹き、3月になるといよいよ春へ向かってまっしぐらですが、

この冬最後の「大焚火」ご一緒にいかがです?

IMG_1716

 

スタッフ オオネダ

 

 

 

 

 

 

雪山スキルs

久々のブログ更新になりました

 

さて、この時期のアウトドアスポーツと言えばスキー&スノボ

僕も幼いころからスキーは毎年行っていたので、大好きなスポーツのひとつです

でも、多くのゲレンデが山間部に位置していることから、

実は結構危険と隣り合わせでもあるのもまた事実

特に、冬型が強まる時は暴風や吹雪に見舞われることも多く、

事前の天候チェックは欠かせません

IMG_4513

雪山に登る際はさらに注意が必要です

事前の積雪状況などもしっかり頭に入れ、常にエスケープとビバークに備えます

ただ何かあった時、テントがあれば、

なんとか吹雪のなかでも一晩過ごすことができるかもしれません

IMG_4437

しかし、突然のアクシデントでツエルトすらない時があったとしましょう

(本当はそんなことにならないようにしっかりとした準備が大切)

そんな時に、雪山で一晩を過ごす方法として雪洞という方法があります

雪山で動けなくなった遭難者が雪洞を掘って一命を取り留めた、

というようなニュースを見たことがある人も多いのでは

 

好き好んで穴を掘る必要はないですが、いざという時に頼りになるのは、自らの知識と経験だけ

ただやみくもに穴を掘ればいいというものではありません

そこで最も最重要になってくるのが掘る場所の選別です

積雪直後のパウダースノーでは穴が掘れない為、ある程度しまった雪である必要があり、

尚且つ雪崩による崩壊の危険性が低く、少なくても2mぐらい積もった場所が望ましい

雪で出入口が密閉されると一酸化炭素中毒の恐れがあるので、中ではロウソクを灯すことをお勧めします

ロウソクが自然に消えると室内の酸素が薄くなってきているので換気の合図

IMG_4321

ただ、しっかりとした雪洞を作ることができたら、意外に快適なのもまた事実

水も作りたい放題ですし、風の影響もうけないので、とっても静かなんですよ

 

楽しい反面、深刻な事故に繋がりやすい冬のアクティビティー

安全第一でウィンターレジャーを思いっきり満喫しましょう!

 

tomo

 

3月 2017
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事のテーマ

ページトップへ戻る