スタッフブログSTAFF BLOG

  1. PICA富士西湖
  2. スタッフブログ
  3. 2017年1月

焚火nist Special Pro Tool 無料レンタル開始

本日から”2016-2017焚火nistキャンペーン”と題し、

ここ「PICA富士西湖」を始め「PICA富士吉田」と「キャンピカ明野ふれあいの里」の3施設限定で

”焚火nist Special Pro Tool 無料レンタル”を開始しました!!

焚火PROTOOL

 

協力していただいたメーカーさんと焚火ツールの内容は・・・

〇 UNIFLAME 【焚火グリル ラージ】

dd28140cd713c8113872887c679d2b20

焚火で調理も楽しめるステンレス製のかまど

2017年春に発売される新商品がPICA限定で先行レンタルが可能です!

焚火nistが待ち望んだ大型焚火台!

 

〇 LOGOS 【チャコグリルストーブ】

dd105e7386abcfecbfd1871028f8396f

炎の熱が直接伝わるアウトドアストーブです!

火の粉の飛散が少なくて、風が強い日でも安心して使えます

暖房としてはもちろん、ケトルを置いてお湯を沸かしたり調理にも使える優れもの

 

〇 FIRESIDE 【キンドリングクラッカー】

3a3b7721a325e19974b088c1c5dcbfe7

最小限の力で、女性や子供でも簡単に焚きつけが作れる薪割り機

使ってみると分かるその便利さと、薪を割る楽しさを是非!

(※フロントにキンドリングクラッカーを設置しておりますので、ご自由にお使い下さい)

 

無料レンタルは先着順となり、一組一泊一台とさせていただきますので、ご了承下さい!

 

個人的には是非薪グリルラージを使って見たいかな

焚火から調理まで、なんでもこれ一つで出来ちゃいそうですもんね

大きなグリルを全力で使いこなしてこそ真の焚火nist!

 

 

インスタグラムで焚火nist Special Pro Toolでの焚火風景などを投稿してみましょう!

タグは「#pica_resort」

あなたの「♥いいね!」が増えるたびに、世界に新たな友達”焚火nist”が生れます!

bnr_pica_resort-300x116

 

tomo

 

 

炎と楽しく過ごす時間・・・

突然ですが、CAMPは好きですか?

きっとこのブログを読む方々は、みんなCAMPが大好きなんだと思います

もちろん僕たちスタッフも、根っからのCAMP好き

 

でも、CAMPの何が好きなんですか?

と問われると、いろいろ考えちゃいますよね

例えば・・・

最新アイテムからビンテージものまで、三度のメシよりCAMPギアに目がない彼や、

ダッチオーブン料理がたまらなく好きな彼女

はたまた純粋に大自然の中に身を置くことで、癒しやパワーをもらったり、

都会では見れない満天の星空と戯れたり

 

でも、忘れちゃいけないのが・・・やっぱり焚火

特に冬は何をしていても、まずは焚火がなくちゃ何も始まらない

炎のゆらぎと薪の燃える匂い・・・

まさに NO FIRE NO CAMP

同じ焚火を囲むことによって生まれる一体感って、ほかでは味わえないですよね

img_5665

学生の時にアメリカでバックパッキングしていた時のこと、

先住民(インディアン)と一緒に一晩を過ごした時も目の前にはキャンプファイヤーがありました

村人は炎を囲み、互いの親睦を深め、愛情を確かめ合っていました

初めて出合う外国人に対して最初は不思議そうにしていた彼らも、

同じ炎を囲み、同じ空間を共有することで、次第に打ち解けあい・・・

そこには、間違いなく国境をも超えるチカラがあったと思います

 

なーんて、すこし大袈裟でしたかね

でも真面目な話、焚火は人と人を繋げることのできる凄いツールだと思います

そんな焚火を愛し、キャンプを愛する人達が集まる自由なキャンプがあれば・・・

みなさんと一緒に作り上げるキャンプスタイル・・・

そんな想いから生まれたのが”Super 焚火 Fest2017”

Super焚火Fest2

 

2017.2.4 Comming Soon!!

 

tomo

 

ダイヤモンド富士を見てみよう

今日、お客さんと話していてふと話題に上がったのが『ダイヤモンド富士』

富士山の山頂に太陽が重なる瞬間のことで、

まるでダイヤモンドのように輝く現象のことを言います

とってもロマンチックですね

 

当然、場所によってはその瞬間が”日没”か”日出”と分かれるわけですが、

この富士五湖エリアで一番気軽にダイヤモンド富士を楽しめるのは・・・「山中湖」!

 

ダイヤモンド富士

(これは去年の写真)

 

こちらは”日没”のダイヤモンド富士になり、

だいたい秋から冬にかけての約4か月間で見ることができます

もちろんドンピシャで富士山頂に重なる太陽を見るには、下調べと当日の天候がとっても重要

(せっかく行って、微妙に山頂と太陽がずれてたりしたらちょっぴり残念ですもんね)

しかもダイヤモンド富士は本当に一瞬で終わってしまうので、

場所が違ったから、じゃ少し移動しようとはなかなか上手くいくものではありません

 

「ダイヤモンド富士」「山中湖」とネットで検索するとすぐに情報が沢山出てきます

また、見れる場所はもっと限定的になりますが、”日出”に見えるダイヤモンド富士もありますので

気になる方は調べてみてはいかがですか

 

tomo

 

 

PICA富士西湖×学研「大人の科学マガジン」

空気が澄んでるこの時期だからこそ、楽しんでもらえる天体観測

いつものCAMPに星空観測をプラスした、PICA Resortが提案する冬キャンの楽しみ方

『STAR WATCHING リゾートPICA 星降る夜の宿泊プラン』

bnr_starwatching

 

夜、目をじーっと閉じて、暗闇に目を慣らして下さい

そしてゆっくりと目を開けてみて下さい

そこには、眩いばかりの満天の星空か広がります

それは決して都会では見る事の出来ない非日常的体験・・・

寒さを忘れさせてくれる美しさに、きっと時を忘れて見入ってしまうはず

時折流れる流れ星・・・そして天の川・・・

 

ただ、星空観測はどうしても天気の影響を受けてしまうのもまた事実

天気が悪いと、星空はすっかり隠れてしまいますもんね

自然の力には逆らえませんが、

せっかく楽しみにしていたのに・・・って少し残念ですよね

 

そんな時は、PICA富士西湖で「スターパオ」に泊まってみませんか!?

今シーズンからオプションでNEWアイテムを付けることができます!

それは、学研から発売されている『大人の科学マガジン ピンホール式プラネタリウムREALSTAR』

表紙画像

何が凄いって、このマガジンについてくるふろくが凄いんです

ふろくの域を超えた極めて精巧な「ピンホール式プラネタリウム」を組み立てることができ、

驚くほどリアルな星空が体験できます

天候がイマイチで本物の星空が見れない時なんかは、是非試してみてください

 

夢中になって、自分で組み立てる面白さ

そして、想像以上にリアルな星空

部屋の中で天の川が体験でき、まるで本物のプラネタリウムの中にいるよう・・・

プラン期間中、毎日2棟限定でお申し込みが可能です

気になる方は、是非HPをチェックしてみて下さい

 

tomo

 

寒い・・・

寒波で今朝はとっても寒かったです

キャンプ場近くの温度計で出勤時で-9℃

寒いわけです

IMG_4220

夜中は二桁いってたと思います

朝起きてみると、自宅の窓ガラスに結露した水滴がガチガチに凍ってました・・・

 

山梨に来て初めての冬で、自宅の窓ガラス結露が凍っているのを見た時は、少しドキドキしましたね

(もともとは西の出身なんで、水道管が凍ったり路面が凍結したりするのもなかなか衝撃的でした)

でも、冬キャンの時もそうですが雪山で小さなテントで寝てると、

朝インナーが結露でバキバキに凍って、揺らすとバサバサ氷が落ちてくる

氷の結晶がキラキラと舞ったり、そういうのは個人的には嫌いじゃないです

 

先日の43㎝の積雪があって、ここ数日は寒波が入り気温が低くて

街の雪解けもどうにも思うようには進みません

2日前、近所の裏山から河口湖町を見下ろしたんですが、、、

IMG_4120

町全体が思った以上に雪景色でキレイですね

 

場内にはまだ雪が残っており、朝晩は路面の凍結もございます

お越しの際は冬用タイヤを着用のうえ、万が一に備えてチェーン等をご持参下さい

 

tomo

 

 

1/11現在 場内サイト状況

先週の8日から降り出した雪で、

翌日9日には河口湖で43cmの積雪を記録

img_4173

国道や一般道はほぼ除雪が完了しておりますが、

道路わきには行き場のない雪がてんこ盛り状態

 

さて、気になる場内の積雪状況ですが、

先ずは電源付Aサイト

img_4201

日当たりも大きく関係しており、湖畔側は随分溶けましたが、

ゲストハウス側はまだだ溶け切れてない状況

 

そして電源付Bサイト

img_4183

こちらも、圧雪した雪がまだ溶けてない状況

 

テンバサイトも場所によっては雪が残っていますね

img_4191

 

コテージ周りはまだまだ多くの雪が残っていています

img_4207

img_4209

今日から今シーズン最強寒波が到来します

日中の気温もそれほど上がらず、場内に残った雪解けもそれほど速くは進まないでしょう

ご来場に関しては、天気予報、交通情報のご確認と併せて

必ずスタッドレスの装着、万が一に備えチェーンをお持ち込み頂きます様お願い致します。

場内に関しても、まだ積雪が深い部分がございます。

また、屋根や木からの落雪には十分お気を付け下さい。

 

tomo

2017新年 登り初め

西湖のアウトドアイベントというわけではなく、

完全にプライベートなネタになります

 

山に登り始めてから、なんとなく年末には登り納め、年明けには登り初め、

みないなことを意識して山に入るようにしています

本当になんとなくですが・・・

(いい加減な性格なんで行ったり行かなかったり)

ちょうど昨日は冬型も弱まり、天気も良さそうだったんで、

八ヶ岳で今年初の山を楽しんできました

予想どうり、天気は最高

 

ちなみに今回は阿弥陀のバリエーションを遊んできたんですが、

今年は雪も少ないし、昨日は風も弱く、

なにより元旦登山のトレースもまだばっちり残ってて終始楽ちん

他にも数パーティー入ってましたが、みんな口をそろえて

「冬でこんなに穏やかな日もそうそうないね」と言ってました

明日から天気が崩れるので、週明けにはばっちり新雪ですかね

今年も一年、安全第一で山行ができればいいなと思います

img_3881-a%c2%82%c2%b3a%c2%83%c2%94a%c2%83%c2%bc

 

tomo

 

 

幸詰まり『PICAきゃんぷ福袋』

笑う門には福が来て、

禍福は糾える縄のごとし

残り物には福があり、

禍を転じて福となす・・・

2017年も福を呼び寄せ、健康で幸を得ることが出来る一年でありたい

遅れながらも昨日ようやく初詣を終え、

そう願いを込めて参りました西湖スタッフのトモです

 

 

さて、話し変わって1月2日から販売を開始している「PICAきゃんぷ福袋」

一般的な福袋とは違い、中身が分かってるので狙ってた商品が入ってたらラッキーですよ

2017年の福袋の中身は大きく分けて3つ

img_3754

①きゃんぷ福袋『TAKIBI』

〇 【焚火台】オンウェー・ファイアグリルPLUS(定価14,904円)

〇 【着火剤】ブッシュクラフト ファイヤーキャンディー(定価1,058円)

〇 薪小(定価600円)

定価16,562円 → 特別価格 12,017円

 

②きゃんぷ福袋『Astoro』

〇 【天体望遠鏡】Vixenスペースアロー700OD(オープン価格・実売19,800円)

〇 【コット】Vixen ソラリラ(定価11,000円)

〇 PICAオリジナル星座早見盤(定価400円)

定価31,200円 → 特別価格 22,017円

 

③サコッシュ福袋2017Yen

〇 PICAオリジナル サコッシュ(定価¥2,700)
〇 まるき winery ベーリーA or 甲州辛口(定価¥1,458)
などなど詰め合わせ(アソート)

何が入ってるかは、買ってからのお楽しみ福袋

数量限定ですが、かなりお得になってるので気になる方は早めにチェック

img_3745

 

 

1月はその他にも、頭数限定でコテージが半額で利用出来る「新春初売り」

明日の6日から始まるオプション食材の「半額初売り」

なんかもありますので、2017年はキャンプでいい年をスタートさせてみてはいかがですか

 

tomo

 

迫力満点!焚火Festの大焚火

1月からは西湖の風物詩『焚火Fest Original』がいよいよスタート

テンバサイトにある専用の焚火ケルンの上で、大焚火を燃します!

 

 

燃え上がる炎は天高く、その熱気は厳冬期の西湖でさえ暖かさを覚えるほど

(でも、近づきすぎると突風が吹いた時に火の粉が襲ってくることも・・・

お気に入りのダウンに火の粉で焦がさないように!)

img_5836-1

それでも夜空に舞う火の粉と激しく燃え上がる火柱は圧巻

焚火を通じて生まれる新しいキャンプコミニュケーションもステキですよね

img_4310

目の前の炎を眺めていると、初めてのキャンパー同士でも話が弾むもの

もしかしたら、ステキな出会いがあるかもしれませんね

 

今月は、1月7日(土)、21日(土)に大焚火を開催予定!

是非、遊びに来てみて下さいね

 

tomo

年末年始”焚火カウントダウン”

寒かったけど、たくさん笑って、たくさん遊んだ年末年始

西湖で開催していた”焚火カウントダウン”も大いに盛り上がり、

2016年の締めくくりに相応しい時間をみなさんと一緒に過ごすことができました

 

その時の様子をちょっとだけどうぞ!

まずは2016年12月31日―――

img_3589

img_1518

カウントダウンのメインイベントの一つである「プレミア張り綱千本引き」

整理券を9時から配ったんですが、30分以上も前から一番最初に列に並んでくれたファミリーのみなさま

寒さなんか感じないぜ!って笑顔の元気なキッズたち

img_3593

整理券を待つ皆さまの列は遥か長く、会場の外にまで

寒い中、お集まり頂き本当にありがとうございました!

img_1514

カウントダウンの瞬間も、沢山のキャンパーさんが集まってくれてました

img_3611

 

 

 

そして、2017年1月1日―――

Outdoor初めという事で、たくさんの”初め”を体験

 

まずは【アルキゾメ】として樹海の中をトレッキングに行きました!

水の神が祭られている竜宮洞穴を訪れて初詣

寒かったけども、天気が良くて気持ちよかったですね

img_3621

【ヤキゾメ】では、酉年にちなみ鶏肉を始めリブやステーキの振る舞いを行い

沢山のキャンパーさんが2017年初めてのBBQを堪能

img_3625

また、【コギゾメ】では晴天の青空のした、穏やかな西湖の湖をのんびりクルージング

空と湖の青色が最高に気持ちよさそう!

imgp8572

 

ご参加頂いたキャンパーの皆さん、本当にどうもありがとうございました

2017年も、どうぞPICA富士西湖を宜しくお願いします

 

tomo

1月 2017
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事のテーマ

ページトップへ戻る