スタッフブログSTAFF BLOG

  1. PICA富士西湖
  2. スタッフブログ
  3. 2016年10月

11月6日(日)は今シーズン最後の「登山体験」

8月11日の「山の日」から始まった『山の日から始める登山』

いよいよ来週末の11月6日が最終回となります!

ae%c2%9c%c2%80c%c2%b5%c2%82a%c2%9b%c2%9ecampa%c2%97c%c2%99a%c2%b1%c2%b1i%c2%bc%c2%88e%c2%98c%c2%94e%c2%b3ai%c2%bc%c2%89

登山ってきくと、みなさんはどんなイメージがありますか

「キツい・・・」「しんどい・・・」って思う人もいたり

「キレイ!」「楽しい!」って思う人もいたり

人それぞれ感じ方は違いますからね

 

確かに山に登るということは、楽なことではないかもしれません

でも、それ以上の魅力が山登りにはあると僕は思うです

うまく表現できないですが、山にいる時の「非日常感」とでもいいますか

普段見えないものが見えたり、

普段感じないことを感じたり

それはCAMPをしている時の感じる高揚感に近いような気もします

大自然の中で過ごすってことは、そんな「非日常」を楽しむことなのかもしれませんね

 

話しがそれましたが、11月6日の登山体験はまだまだ募集中ですよ!!

気になる方は、早めにご予約を!

 

tomo

 

 

お釈迦様・・・!?

img_1332

人のカタチをした影・・・

後ろにはまるで後光のような光輪・・・

まさかお釈迦様・・・

ついに自分にも神様のお告げが来たのか

 

いやいやそうではなく、これはブロッケン現象という自然現象

太陽の光と霧などの空気中の水分が、ある条件を満たした時だけに現れる珍しい現象なんです

ヨーロッパではブロッケンの怪物とも呼ばれ、

日本では御来光なんかで呼ばれたりします

『槍ヶ岳開山』で播隆が山頂で見たのは有名な話

 

つい先日、山の稜線を歩いているときに遭遇

実は僕も初めての体験

感動でした!

 

tomo

 

 

“ブッシュクラフト”たき火フライパンの巻

ブッシュクラフト—

ブッシュクラフトは、北欧が発祥の文化で、最小限の道具で自然と共に生活するライフスタイル(又は技術)のことで、自然にあるもので道具を作ったり、山菜を収穫したり、薪を割って火をおこしたりなどなど・・・先人たちが大自然と共生してきた生きる知恵のこと。

今回は日本でいち早くこのスタイルを取り入れ提案しているブッシュクラフトさんのユニークなアイテムを入荷!

dsc_0415

こちらが「たき火フライパン」

dsc_0408

フライパンのお皿の部分だけで柄は付いていません。(現地調達しましょう)ハンドル部分は長くて邪魔なので持ち運びが容易に。

場内に落ちているちょっと長めの枝をチョイス

dsc_0410

端をナイフで少し削りフライパンの差込口に取り付け、付属の留めネジで根元を固定。

dsc_0412

dsc_0413

何ともイカついワイルドなフライパンの完成。長めの枝を選ぶとたき火にもあてやすい。

これ一つで自分だけのオリジナルなフライパンが作れちゃいます。

是非CYECKしてみてくださいね!

ASANUMA

10/29(土)山梨県高等学校駅伝競走大会実施に伴う交通規制について

『 山梨県高等学校駅伝競走大会』の実施に伴い、10月29日(土)に西湖畔で交通規制があります。

午前10:00~午後13:00の間、西湖湖畔の道路は右回りの一方通行になります。

・河口湖畔沿いからお越しになるお客様(向かわれる方)

・湖畔沿いを観光されるお客様

は十分にご注意ください。

国道139号線から当キャンプ場へのアクセスは問題ありません。

bdbe999567dd12699953946c1055d872

PICA富士西湖

11月は焚火ワイナリー!!

今年もこの時期がやってきましたね

焚火×ワインのコラボ企画、『焚火ワイナリー』です!

a%c2%82a%c2%82%c2%a4a%c2%83%c2%88a%c2%83

CAMPの醍醐味である焚火を囲みながら、山梨県産ワインを贅沢に楽しむ

だって、ここ山梨県は日本が世界に誇るワインの一大産地

しかも、ボジョレーならぬ、”山梨ヌーボー”が11月3日に解禁!

img_6139

img_5665

ということで、11月は毎週末”焚火ワイナリー”をオープン!

開催日は11月5、12、19、26の土曜夜!

しかも、11月19日は「焚火ワイナリーSpecial day」の特別企画もご用意!

県内の地元ワイナリーさんをお招きして、新酒を含めた数多くの”ワイン試飲即売会”を開催!

外国産ワインと違ったまろやかな口当たりが特徴の山梨県ワインをはじめ、

県外ではあまり見かけない希少な葡萄を使ったワインまで、沢山ご用意しています!

 

普段からワインを呑む方はもちろん、そうじゃない方こそ山梨県産ワインを味わってもらいたいです

是非、大切な家族や相手と一緒に秋の夜長を楽しみましょう

 

tomo

 

紅葉ナビ in Saiko

久々に気温があがりポカポカしてて、気持ちいいですね

やっぱ温かいのはステキなこと

そんななかでも連日は気温がグッと低かったためか、

西湖の紅葉も一気に色づきはじめましたね

img_0861

img_0866

img_0863

img_0876

確実に赤く染まりつつある西湖の木々たち

例年通りなら、11月上旬が紅葉のピークかな

鮮やかな色に彩られた紅葉を楽しみながらののんびりキャンプ

この時期だから楽しめるアウトドアをどうぞ

 

tomo

 

ウラヤマ日記 in YAMANASHI 南アルプス

久々の晴天だったので、南アルプスをのんびり歩きてきました

今回は北岳から仙塩尾根を通って仙丈までぐるっと周回

ずーっと稜線通しの贅沢なトレイルハイクです

間ノ岳から仙丈ヶ岳までは誰ともすれ違わず、とっても静かな山行となりました

ただ、つい最近熊の目撃情報があったので、そこだけちょっと心配でしたが・・・

1

右手に北岳、奥に甲斐駒

a%c2%81%c2%bea%c2%81%c2%a8a%c2%82%c2%81a%c2%91

5

ただ、やはり秋

朝晩はぐっと冷え込み、霜柱が立ってるし、風が冷たい!

一足早く山は冬支度を始めてますよ

 

一方、西湖はもうすぐ紅葉がスタート!

いよいよ秋本番っすね

また、ブログでも西湖の紅葉情報をお届けしますね

 

tomo

ちっちゃ

ちょうど昨日入荷したんですが・・・

dsc_0409

スキレットです。

上からギターの形をしたギタースキレット、6インチのPICA特注スキレット

そして今回趣味が講じて入荷した下の二つのスキレット、それぞれ3インチのミニチュアスキレットとスプーンレスト

dsc_0413

dsc_0416

タバコと比べてみてもこのサイズ感!!

手のひらサイズでめっちゃかわいいっす

両方3インチなんですが、写真右のスプーンレストと左のミニチュアスキレットの違いはというと

右のスキレットは両サイドの端の部分がちょっと出てますよね

そう!!!灰皿なんです。で、箸置きにしたりちょっとした小物も入れられちゃうインテリアテイストのスキレット。

もちろん普通に料理も出来ちゃいます。

左のミニチュアスキレットのメイン用途は料理。目玉焼きやちょっとしたホイル料理など。

卵を入れると月見バーガー風の少し厚みのある目玉焼きが出来ちゃいます。

キャンプ場のお土産としてびっくりされること間違いなし!!

価格も1,296円ととってもリーゾナブル。

入荷したばかりなのに早速スタッフに1つ買われちゃいました。。。

フロント正面入り口にドドーンと置いてありますんで是非CYECKしてみて下さいね(^^)/

ASANUMA

 

 

 

 

new焚火台!

朝晩は随分涼しくなってきてきましたね

こうなってくると、CAMPの時に欠かせないのが焚火

薪のはぜる音、炎のゆらぎ・・・

なにより、焚火を囲み仲間と語らい合う時間は何よりも贅沢ですよね

 

そんな時にオススメしたいのオンウェーの「ファイアグリル・プラス」

img_0095

光沢がきれいなステンレスの焚火台です

ただ、こいつただの焚火台じゃないんです

なんと、1台4役になる革新的なファイアグリル

 

例えばBBQグリルとしてはもちろん、

img_0089

冬のダッチ―オーブン料理や、

img_0091

リッドを被せれば燻製まで出来ちゃう優れものなんっす

img_0094

金額も通常2万円オーバーのところ、今だけ大セール価格で¥13.800(税別)!

初めての焚火台にはもちろん、買替を考えてるキャンパーさんは要注目

数量限定なので、西湖にお越しの際はゲストハウスで是非チェックしてみて下さいね!

 

tomo

 

 

10月 2016
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

記事のテーマ

ページトップへ戻る